コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良遍 りょうへん

2件 の用語解説(良遍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

良遍
りょうへん

[生]建久4(1193)/建久5(1194)? 京都
[没]建長4(1252).8.28. 奈良
鎌倉時代の法相宗僧。幼くして興福寺に出家し法相を学ぶ。のち諸寺を歴遊して学を修め,特に因明 (仏教論理学) に長じて名声を高めた。寛喜2 (1230) 年維摩会の講師となり,次いで法印権大僧都となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょうへん【良遍】

1184‐1252(元暦1‐建長4)
鎌倉期の法相宗の学僧。字は信願。三位已講(いこう),蓮阿とも称した。京都の人。興福寺勝願院に入り,光明院覚遍につき法相・因明(論理学)を修学した。1221年(承久3)維摩(ゆいま)会の問者,29年(寛喜1)5月の宮中の最勝講に問者をつとめ,翌年維摩会の講師をへてのち法印権大僧都に任ぜられた。31年大和国生駒の竹林寺に隠棲し,唐招提寺覚盛について具足戒を受けたのち律宗について修学し,浄土教にも深い関心をよせ,大和白毫(びやくごう)寺に安養の世界を求めて隠遁した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

良遍の関連キーワード一一九番救急車サラディン曾我兄弟工藤祐経曾我祐成平時家源範頼安田義資工藤祐経

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone