コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教学 きょうがく

3件 の用語解説(教学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教学
きょうがく

1935年頃,いわゆる学生思想対策とも関連して,伝統的な学問や教育の刷新,強化がはかられたが,その際に教育と学問を合せて「教学」という言葉が用いられた。 35年には文部大臣諮問機関として教学刷新評議会が設置されたが,その趣旨は「国体観念,日本精神ヲ根本トシテ学問,教育刷新」をはかるものとされ,同評議会の答申に基づいて 37年には文部省教学局が設けられた。このことからも明らかなように,この言葉には西洋の学問の根底にある合理性を否定し,学問を教育同様にすでに教育を支配していた日本精神主義のもとに従属させようとする意図がこめられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうがく【教学】

( 名 ) スル
おしえることとまなぶこと。教育と学問。 「数理化学、及び諸国の言語を-するに至れり/西国立志編 正直
宗教の教義についての学問。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の教学の言及

【宗教学】より

…広く宗教一般の現象,機能,歴史,本質などについて客観的・実証的に研究する学問。個別宗教の研究は,仏教学,キリスト教学,イスラム学,道教学,神道学などに分かれるが,宗教学はこれらの個別宗教に関する研究成果を素材としつつ,そこに共通する普遍的な特性の究明と一般理論の構築を目的としている。 宗教に関する学問は,古く,神の存在・非存在,悟りの実現の有無など実証や検証が不可能な問題を形而上学的に論ずるところから出発した。…

※「教学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

教学の関連キーワード日本浪曼派治安維持法挟みトヨダトラックG1型雪之丞変化芥川賞直木賞日本共産党予讃線文学賞

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

教学の関連情報