コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教学 きょうがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教学
きょうがく

1935年頃,いわゆる学生思想対策とも関連して,伝統的な学問教育の刷新,強化がはかられたが,その際に教育と学問を合せて「教学」という言葉が用いられた。 35年には文部大臣諮問機関として教学刷新評議会が設置されたが,その趣旨は「国体観念,日本精神ヲ根本トシテ学問,教育刷新」をはかるものとされ,同評議会の答申に基づいて 37年には文部省教学局が設けられた。このことからも明らかなように,この言葉には西洋の学問の根底にある合理性を否定し,学問を教育同様にすでに教育を支配していた日本精神主義のもとに従属させようとする意図がこめられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう‐がく〔ケウ‐〕【教学】

[名](スル)
教えることと学ぶこと。教育と学問。
それぞれの宗教宗派の立場から、自らの宗教を研究する学問。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうがく【教学】

( 名 ) スル
おしえることとまなぶこと。教育と学問。 「数理化学、及び諸国の言語を-するに至れり/西国立志編 正直
宗教の教義についての学問。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の教学の言及

【宗教学】より

…広く宗教一般の現象,機能,歴史,本質などについて客観的・実証的に研究する学問。個別宗教の研究は,仏教学,キリスト教学,イスラム学,道教学,神道学などに分かれるが,宗教学はこれらの個別宗教に関する研究成果を素材としつつ,そこに共通する普遍的な特性の究明と一般理論の構築を目的としている。 宗教に関する学問は,古く,神の存在・非存在,悟りの実現の有無など実証や検証が不可能な問題を形而上学的に論ずるところから出発した。…

※「教学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

教学の関連キーワード石原謙(いしはらけん)沖縄キリスト教学院大学東京都世田谷区太子堂東京都練馬区大泉町大乗法苑義林章大阪府箕面市稲イブン・エズラ東大寺図書館青山学院大学茂田井 教亨ナーランダー観心覚夢鈔西国立志編智山勧学会天台四教儀藤井玄珠清水公照教学大旨島地大等新居日薩

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教学の関連情報