観普賢経(読み)カンフゲンギョウ

デジタル大辞泉の解説

かんふげんぎょう〔クワンフゲンギヤウ〕【観普賢経】

大乗経典の一。1巻。曇摩蜜多(どんまみつた)訳。441年までに完成。法華経結経とされる。普賢菩薩を観ずる方法と、六根の罪を懺悔(さんげ)する方法などを述べたもの。観普賢菩薩行法経。普賢観経。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんふげんきょう【観普賢経】

〘仏〙 法華経の結経。曇摩蜜多どんまみつた訳。普賢の観法などを説く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観普賢経の関連情報