観普賢経(読み)カンフゲンギョウ

デジタル大辞泉の解説

かんふげんぎょう〔クワンフゲンギヤウ〕【観普賢経】

大乗経典の一。1巻。曇摩蜜多(どんまみつた)訳。441年までに完成。法華経結経とされる。普賢菩薩を観ずる方法と、六根の罪を懺悔(さんげ)する方法などを述べたもの。観普賢菩薩行法経。普賢観経。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんふげんきょう【観普賢経】

〘仏〙 法華経の結経。曇摩蜜多どんまみつた訳。普賢の観法などを説く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんふげん‐ぎょう クヮンフゲンギャウ【観普賢経】

大乗経典の一つ。一巻。曇摩蜜多(どんまみった)が元嘉一八年(四四一)までに漢訳。法華三部経の結経と位置づけられているもので、普賢菩薩を観ずる方法と六根の罪を懺悔する法、およびその功徳が中心内容。普賢観経。観普賢菩薩行法経。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観普賢経の関連情報