角を入る(読み)かどをいる

精選版 日本国語大辞典の解説

かど【角】 を 入(い)

① 元服前(半元服)の一四~五歳の頃、額の両隅(すみ)の前髪の生え際を四角く剃る。角を抜く。
※浮世草子・好色一代男(1682)二「十五歳にして、其三月六日より角(カド)をも入て」
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第二八「大臣が大の眼に角をいれ 来る筈しってどこへかしたぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android