前髪(読み)マエガミ

デジタル大辞泉の解説

まえ‐がみ〔まへ‐〕【前髪】

額の上部の頭髪。「前髪を垂らす」
女子または元服前の男子の額の上の髪を別に束ねたもの。向こう髪。
前髪姿の男子。元服していない少年。
「―あまた召しよせられ」〈浮・男色大鑑・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まえがみ【前髪】

額に垂らした頭髪。 ⇔ 後ろ髪 「 -をかきあげる」
昔、童子や婦人が額の上の部分の頭髪を束ねていたもの。向こう髪。 「この-の散るあはれ/浮世草子・五人女 4
元服前の少年。 「や-めにまけうか/浄瑠璃・平家女護島」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐ぱつ【前髪】

〘名〙
① 昔、婦人や少年が髪の毛の額の上の部分を別に束ねたもの。まえがみ。
※歌舞伎・富士三升扇曾我(生立曾我)(1866)二幕「御前髪(ゼンパツ)をおとりなされたら御父上に生写し」
② 男子の前髪をそり落とすこと。元服すること。〔随筆・安斎随筆(1783頃)〕

まえ‐がみ まへ‥【前髪】

〘名〙
① 前額部の髪。額(ひたい)に垂れかかる髪。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※狂歌・堀河百首題狂歌集(1671)恋「前髪やもとゆひかけし難面を今宵あひ待も打とくる故」
② 少年や女性が髪の毛の額の上の部分を別に束ねたもの。ぬかがみ。ひたいがみ。向髪。
※わらんべ草(1660)二「声もたち、前髪も落てより、又こまかに心を云べし」
③ 元服以前の男子をいう。
※評判記・剥野老(1662)序「前がみのむかしをしたふはつもとゆひ、ふり袖のかほりゆかしきわかむらさき」
④ 男色の稚児。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第二一「あれともしくみ是にても恋 前髪は尻のかるいに頼あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前髪の関連情報