角前髪(読み)スミマエガミ

デジタル大辞泉 「角前髪」の意味・読み・例文・類語

すみ‐まえがみ〔‐まへがみ〕【角前髪】

江戸時代、元服前の少年髪形前髪を立て、額の生え際の両隅をそり込んで角ばらせたもの。すみ。すんま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「角前髪」の意味・読み・例文・類語

すみ‐まえがみ‥まへがみ【角前髪】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 江戸時代、一四歳になった少年が前髪を立てておきながら、額のはえぎわ通りに髪を剃り、額を角ばらせた髪がた。また、そのような髪がたをした少年。すんま。半元服(はんげんぷく)。すみがみ。
    1. 角前髪<b>①</b>〈懐硯〉
      角前髪懐硯
    2. [初出の実例]「万太郎も十六に成て角前髪(スミマヘカミ)の采体(とりなり)も是をうらやみぬ」(出典浮世草子本朝二十不孝(1686)四)
  3. 江戸時代の一分通用金貨である額一分(がくいちぶ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android