コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角屋甚太郎 かどや じんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

角屋甚太郎 かどや-じんたろう

?-? 江戸時代前期の漁民。
紀伊(きい)日高郡(和歌山県)の人。日向(ひゅうが)灘に出漁中,土佐(高知県)清水浦に漂着同地に熊野式の鰹(かつお)溜釣(ためつ)り法と燻乾(くんかん)法鰹節(かつおぶし)製法をつたえ,土佐の鰹産業の基礎をつくった。紀州甚太郎とよばれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

角屋甚太郎

生年:生没年不詳
江戸前期,紀州(和歌山県)日高郡印南浦の人。通称紀州甚太郎。熊野式の鰹溜釣り法と燻乾法鰹節製法を土佐国清水浦に伝え,同国鰹産業隆盛の基を開いた。印南浦の角屋漁船団主として日向浦に出漁中,延宝(1673~81)のころ清水浦に漂着したのが縁となったという。なお改良された燻乾法は印南・土佐で秘伝とされた。2代甚太郎も土佐国へ出漁,鰹節製法の改良に努めたことは「智究願海居士」の法名にも明らかである。<参考文献>要海正夫『近世における印南漁民の活躍史』,宮下章『鰹節』

(宮下章)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

角屋甚太郎の関連キーワード紀伊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android