コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角閃石安山岩 かくせんせきあんざんがん

1件 の用語解説(角閃石安山岩の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

角閃石安山岩

 弥生時代に石器[せっき]に使われたやわらかい石です。やじりなどには使われず、紡錘車[ぼうすいしゃ]やおもりの材料として使われました。新南陽市や島根県の津和野町などでしか見つからない石です。 また、中世には五輪塔[ごりんとう]の材料にも使われました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角閃石安山岩の関連キーワード原石器石核石器石器時代打製石器中石器時代農具磨製石器弥生時代新石器銅鏡

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone