コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角閃石安山岩 かくせんせきあんざんがん

防府市歴史用語集の解説

角閃石安山岩

 弥生時代石器[せっき]に使われたやわらかい石です。やじりなどには使われず、紡錘車[ぼうすいしゃ]やおもりの材料として使われました。新南陽市島根県津和野町などでしか見つからない石です。 また、中世には五輪塔[ごりんとう]の材料にも使われました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

角閃石安山岩の関連キーワード綿貫観音山古墳オルトレル岩ハンガリー岩スルデン岩両子山由布岳久住山妙高山安山岩九重山榛名山米山大山

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android