コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角閃石安山岩 かくせんせきあんざんがん

防府市歴史用語集の解説

角閃石安山岩

 弥生時代石器[せっき]に使われたやわらかい石です。やじりなどには使われず、紡錘車[ぼうすいしゃ]やおもりの材料として使われました。新南陽市島根県津和野町などでしか見つからない石です。 また、中世には五輪塔[ごりんとう]の材料にも使われました。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

角閃石安山岩の関連キーワード綿貫観音山古墳オルトレル岩ハンガリー岩スルデン岩由布岳両子山久住山榛名山妙高山安山岩九重山米山大山

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android