コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言語相対論 げんごそうたいろん

百科事典マイペディアの解説

言語相対論【げんごそうたいろん】

サピア=ウォーフ説ともよばれる。言語はそれぞれ構造や文法範疇をもっており,人は母語に従って自然を認識しているという主張。極端な主張では,言語によって世界観まで決定されることになり,言語を超えての相互理解や翻訳の可能性まで否定することになるため,完全に受け入れられているわけではない。
→関連項目言語普遍論

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

言語相対論の関連キーワードベンジャミン・リー ウォーフ普遍文法サピア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android