計器誘導方式(読み)けいきゆうどうほうしき(英語表記)instrument inducting system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

計器誘導方式
けいきゆうどうほうしき
instrument inducting system

船舶,航空機などを無線で正しい航路に誘導あるいは操縦する方式。あらかじめ操縦過程のプログラムを組込んでおき,それに従って自動操縦を行わせるようにしたものである。航空機が視界が悪い悪天候中でも飛行場に安全に着陸できるように誘導する方式は計器着陸方式と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android