計算の複雑さ(読み)けいさんのふくざつさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「計算の複雑さ」の解説

計算の複雑さ
けいさんのふくざつさ

コンピュータで計算する場合の手間を量的に表したもの。すなわち,ある計算のアルゴリズムを考えたとき,その計算を完了するためのステップ数がどの程度になるかを推定する必要がある。データの大きさを n としたとき,それを大きさのに並べ換えるのは nlogn 程度のステップを必要とする。同じ問題でもアルゴリズムが悪いと n2 程度となる。計算のために必要な記憶容量の大きさも評価の尺度として考える必要がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android