コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記憶増進 きおくぞうしんhypermnesia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

記憶増進
きおくぞうしん
hypermnesia

催眠状態や発熱時に,通常時では思い出せないものまで容易に想起する現象。記憶過剰ともいう。統合失調症躁病(→躁うつ病)の患者にも認められる。またサバン症候群においても,特定の対象について著しい記憶力を示す場合がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の記憶増進の言及

【記憶】より


[想起障害]
 量的および質的想起障害に大別でき,前者には想起の過剰な増進と減退・欠如がある。記憶増進は過去の記憶が異常な活発さで浮かんでくる場合で,知能優秀者に見られるほか,一過性には発熱時,夢,癲癇発作,薬物中毒,縊死未遂時などにもありうる。記憶減退は過去の記憶が想起困難な場合で,老人や脳器質疾患でみられ,記憶解体は時間的,内容的にT.A.リボの〈逆行律〉に従う。…

※「記憶増進」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

記憶増進の関連キーワード記憶異常記憶障害

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android