コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

躁うつ病 そううつびょうmanic-depressive psychosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

躁うつ病
そううつびょう
manic-depressive psychosis

感情障害を主症状とし,周期的経過をとり,のちに人格障害を残さないことを特徴とする精神病で,統合失調症とともに二大内因性精神病といわれる。循環精神病ともいう。感情が高揚し,意欲は亢進し,思考が飛躍する躁病と,反対にふさぎこむうつ病 (→うつ状態 ) という2方向の病的感情が,日常生活からは明らかに区別される病期として交互に現れ,経過後には完全にもとの人格に戻る。発現頻度は全人口の 0.4%程度で,うつ病相だけが表れる型がかなり多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

躁うつ病の関連キーワードストレスに強くなる食品躁うつ病(双極性障害)気分障害(躁うつ病)向精神薬のいろいろ子どもの躁うつ病ギャンブル依存症心の病気の特徴抗うつ薬中毒非定型精神病精神疾患循環気質感情障害気分障害記憶増進北杜夫マニア気質

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

躁うつ病の関連情報