コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記銘力障害 キメイリョクショウガイ

デジタル大辞泉の解説

きめいりょく‐しょうがい〔‐シヤウガイ〕【記銘力障害】

新しく体験したことを覚えておくことができなくなる障害。重度な場合、数秒あるいは数分前のことを記憶にとどめられなくなる。精神遅滞認知症意識障害コルサコフ症候群などで生じる。→記憶障害

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

記銘力障害の関連キーワードアルコールによる心の病気心の病気とからだの病気老化にともなう心の病気コルサコフ病硬膜下血腫老人性痴呆電撃療法健忘

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

記銘力障害の関連情報