コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

設楽貞政 しだら さだまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

設楽貞政 しだら-さだまさ

1624-1691 江戸時代前期の武士。
寛永元年生まれ。幕臣。書院番士,小姓組,使番をへて,延宝7年大坂町奉行となる。のち次男のことに連座して職を解かれた。元禄(げんろく)4年2月20日死去。68歳。通称は甚之助,市左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

設楽貞政の関連キーワードコックス寛永インノケンチウス12世オレンジ結社越後屋ヨーハン・ゲオルク3世浅井了意フォックスミニャール清水貞徳

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android