施主(読み)せしゅ

精選版 日本国語大辞典「施主」の解説

せ‐しゅ【施主】

〘名〙
や寺に物品を施す人。布施をする当人檀那(だんな)檀越(だんおつ)
※続日本紀‐天平宝字三年(759)六月丙辰「譏及三宝、无施主
今昔(1120頃か)三「の時に一人の施主有り、山寺に昇て比丘を供養せむと為るに」 〔無量寿経‐上〕
葬式法事などを主人役となってとり行なう者。
曾我物語(南北朝頃)一一「彼等が追善の鐘打ち鳴らし、せしゅの心ざしを計り給へば」
埋葬(1971)〈立原正秋〉三「施主の十一郎が位牌を持ち」
③ 仏の異名
※教行信証(1224)五「云何於无量義無量名。如仏如来名。為如来義異名異〈略〉亦名施主、亦名到彼岸〈略〉如是一切、義異名異」
④ 願をたてて、塔や灯籠などを建造する人。願主。
⑤ (①から転じて) 一般に物を施す人。また、資金を出す人。
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻八上「そのくしは誰が施主だといやがらせ」
⑥ 家のあるじ。商家の主人。亭主
※評判記・赤烏帽子(1663)杉村小大夫「施主とつまらぬ口舌する事、大にすき也、是は一義をきらひてにやとおもへは、左にもあらす」
建築主のことをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「施主」の解説

施主
せしゅ
owner

建築業界の慣用語で,建主 (たてぬし) ,建築主ともいう。建築工事土木工事で,工事の発注者のこと (法人の場合はその代表者) 。完成後は所有者になる場合と,売主または寄付者になる場合がある。

施主
せしゅ
dānapati

檀越,陀那鉢底などと音写される。元来布施をなす人という意味で,仏教僧侶に供養する人をさす。現在では葬式や法要などの当主をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「施主」の解説

せ‐しゅ【施主】

僧や寺に物を施す人。檀那。
葬式や法事を営む当主。
建築主のこと。施行主。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android