詠歌一体(読み)エイガイッテイ

デジタル大辞泉の解説

えいがいってい【詠歌一体】

鎌倉初期の歌論書。1巻。藤原為家著。弘長3年(1263)または文永7年(1270)ころの成立か。和歌の実践論・本質論などを説き、平淡美を主張したもの。八雲口伝(やくもくでん)。えいがいったい。えいがのいってい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいがいったい【詠歌一体】

〔「えいがいってい」とも〕
歌論書。一巻。藤原為家著。弘長年間(1261~1264)成立。稽古を重視し、平明な歌風、歌語の禁制などを説く。八雲口伝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android