詩大序(読み)しだいじょ(英語表記)Shī dà xù

世界大百科事典 第2版の解説

しだいじょ【詩大序 Shī dà xù】

詩経》毛詩詁訓伝の巻頭にある関睢(かんしよ)篇のは,《詩経》全般にわたる総論を試みているので,他の各篇の序がその篇の成立事情の説明にとどまるのを小序と呼ぶのに対して大序という。まず,詩の起源を述べ,ついで詩と政治との関連に及び,つぎに風・賦・比・興・雅・頌の六義(りくぎ)を取りあげて説明する。中国のもっとも古くまとまった文学論であって,その後世への影響は大きく,日本の《古今集》序も多くの影響を受けた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android