コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文学論 ブンガクロン

デジタル大辞泉の解説

ぶんがく‐ろん【文学論】

文学作品の性質や文学の本質に関する理論。
文学に関する議論。「文学論を戦わせる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんがくろん【文学論】

夏目漱石が1903年(明治36)9月から05年6月まで,東京帝大英文科でおこなった講義を,加筆訂正したもの。07年大倉書店刊。序文で講義のモティーフを,1900年からあしかけ3年にわたるロンドン留学で英文学と悪戦苦闘した体験から語っている。すぐれた語学力をもった日本人漱石が,英文学の了解不可能性という壁に突き当たったとき,この壁は,彼我の文明の発展経過と言葉がながい歴史の中で身につけた“趣味”tasteのちがいによることに気づいた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんがくろん【文学論】

文学に関する議論。
個別の文学作品の評価や文学一般の本質を明らかにする理論。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

文学論の関連キーワードジョン・W. トリートグランヴィル ヒックスイーハヴ ハッサンスタール夫人田中美代子大槻 憲二佐々木基一新日本文学窪川鶴次郎実験小説論小田切秀雄伊集院 斉アーノルド中川芳太郎野村八良奥野健男文心雕竜饗庭孝男尾崎秀樹永積安明

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文学論の関連情報