コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文学論 ブンガクロン

3件 の用語解説(文学論の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶんがく‐ろん【文学論】

文学作品の性質や文学の本質に関する理論。
文学に関する議論。「文学論を戦わせる」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんがくろん【文学論】

夏目漱石が1903年(明治36)9月から05年6月まで,東京帝大英文科でおこなった講義を,加筆訂正したもの。07年大倉書店刊。序文で講義のモティーフを,1900年からあしかけ3年にわたるロンドン留学で英文学と悪戦苦闘した体験から語っている。すぐれた語学力をもった日本人漱石が,英文学の了解不可能性という壁に突き当たったとき,この壁は,彼我の文明の発展経過と言葉がながい歴史の中で身につけた“趣味”tasteのちがいによることに気づいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんがくろん【文学論】

文学に関する議論。
個別の文学作品の評価や文学一般の本質を明らかにする理論。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文学論の関連情報