コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認定司法書士制度 ニンテイシホウショシセイド

2件 の用語解説(認定司法書士制度の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にんていしほうしょし‐せいど〔ニンテイシハウシヨシ‐〕【認定司法書士制度】

法務大臣の認定を受けた司法書士が、簡易裁判所管轄の民事事件で、弁護士と同様に代理人を務めることができる制度。司法書士のうち、所定の研修を修了し、簡裁訴訟代理能力認定考査に合格した認定司法書士は、通常の司法書士業務に加えて、簡易裁判所において、請求額が140万円までの民事事件について、民事訴訟の代理人を務めることができる。平成14年(2002)の司法書士法改正により導入された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

認定司法書士制度

03年の改正司法書士法施行により、研修などを受けて法務大臣から認定を受けた司法書士が簡易裁判所民事訴訟の代理人を務められるようになった。従来の破産申立書や裁判所への訴状など書類作成業務に加え、弁護士にしか認められていなかった過払い金返還請求訴訟については、請求額が140万円以下なら可能になり、特定調停任意整理などの業務も本格的にできるようになった。日本司法書士会連合会によると、現在、全国で約1万1千人が認定を受けている。

(2008-12-12 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

認定司法書士制度の関連キーワード司法書士代言人代書人法職保険業法施行規則本人確認法施行令の改正弁護士法人司法書士と行政書士行政書士法司法書士法

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone