認知症サポーター制度(読み)ニンチショウサポーターセイド

デジタル大辞泉の解説

にんちしょうサポーター‐せいど〔ニンチシヤウ‐〕【認知症サポーター制度】

認知症患者について正しく理解し、見守りや生活上の細かな支援を行うボランティアを養成する制度自治体や企業・団体などが実施する所定の養成講座を受けた人は認知症サポーターとなり、目印としてオレンジ色ブレスレットをつける。厚生労働省が推進する事業の一。平成28年(2017)6月末現在、約907万人が登録。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

認知症サポーター制度の関連情報