コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誤差拡散法 ごさかくさんほう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

誤差拡散法

画像をなめらかに表現するため、画像を構成する画素ピクセル)の色情報を平均化して中間階調を表現する方法。デジタルカメラスキャナーなど、画像を処理する機器で利用されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごさ‐かくさんほう〔‐クワクサンハフ〕【誤差拡散法】

error diffusion method》画像データの色の階調を滑らかに表現する手法の一。デジタルカメラ・イメージスキャナー・カラープリンターで減色処理を行う際など、使用できる色の階調が限られている時に用いる。ランダムディザリング
[補説]R=フロイドとL=スタインバーグにより発案されたことから、フロイドスタインバーグ法ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

誤差拡散法の関連キーワードランダムディザ法ディザー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android