誤爆(読み)ゴバク

デジタル大辞泉「誤爆」の解説

ご‐ばく【誤爆】

[名](スル)
って目標とは異なる物を爆撃または爆破すること。
取り扱い方法をまちがえたために爆発すること。「誤爆しないよう細心の注意を払う」
1から転じて、俗に、電子掲示板メッセンジャーアプリなどインターネットを通じたやりとりで、送信先をまちがえて送ってしまったり、書くべきではないことをうっかり書いて投稿や送信をしてしまったりすること。「デートの誘いを父のアドレスに誤爆した」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵「誤爆」の解説

誤爆

電子掲示板やチャットなどで、意図しなかった文章を書き込んでしまうこと。書き込む一連動作を本能的に遂行してしまうほど手慣れていたり、書き込み窓を複数開いているために誤って意図しない窓に入力してしまったりすることが主な原因。ヘビーユーザーほど犯しやすい傾向があるケアレスミスである。誤爆によって、とんでもない二面性があらわになることもある。

(川口正貴 ライター / 2009年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

精選版 日本国語大辞典「誤爆」の解説

ご‐ばく【誤爆】

爆弾などの取り扱い方をまちがえたため爆発すること。
② 目標を誤って爆撃すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android