コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

説教のあとの幻影

1件 の用語解説(説教のあとの幻影の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

説教のあとの幻影

フランスの画家ポールゴーギャンの絵画(1888)。原題《La vision après le sermon ou lutte de Jacob avec l'ange》。『ヤコブと天使の戦い』とも呼ばれるブルターニュ時代に確立された総合主義(サンテティスム)の最初の作品として知られる。エディンバラスコットランド国立美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

説教のあとの幻影の関連キーワードムーラン・ド・ラ・ギャレットゴーギャン黄色のキリスト光輪のある自画像死霊が見ている死霊が見守るタヒチの女たちぶらんこの絶好のチャンスマナオ・トゥパパウヤコブと天使の戦い

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone