コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

説教のあとの幻影

デジタル大辞泉プラスの解説

説教のあとの幻影

フランスの画家ポール・ゴーギャンの絵画(1888)。原題《La vision après le sermon》。『ヤコブと天使の戦い』とも呼ばれる。ブルターニュ時代に確立された総合主義(サンテティスム)の最初の作品として知られる。エディンバラ、スコットランド国立美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

説教のあとの幻影の関連キーワード黄色のキリストポンタベン派

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android