コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

説教のあとの幻影

デジタル大辞泉プラスの解説

説教のあとの幻影

フランスの画家ポール・ゴーギャンの絵画(1888)。原題《La vision après le sermon》。『ヤコブと天使の戦い』とも呼ばれる。ブルターニュ時代に確立された総合主義(サンテティスム)の最初の作品として知られる。エディンバラ、スコットランド国立美術館所蔵。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

説教のあとの幻影の関連キーワード黄色のキリストポンタベン派

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android