説文(読み)せつもん

精選版 日本国語大辞典の解説

せつ‐もん【説文】

(「文」は文字の意)
[1] 漢字の成立と原義とを説きあかすこと。字源について解説すること。〔易林本節用集(1597)〕
※中華若木詩抄(1520頃)上「郊とは説文に距(くにをさること)百里を為郊。爾雅には、邑外を郊と云ぞ」
※つゆのあとさき(1931)〈永井荷風〉八「説文で字を引く事などは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android