コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

説文解字 せつもんかいじShuo-wen jie-zi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

説文解字
せつもんかいじ
Shuo-wen jie-zi

中国最古の字書後漢許慎の著。 15巻。永元 12 (100) 年頃成立。漢字を扁 (へん) と旁 (つくり) によって分類し,その成り立ちと字義を解説したもの。書名は「文字」を「説解」したという意で,略して『説文』と呼ばれる。部首は「一」に始り「亥」に終る 540あり,各部に属する文字が類義字の系列に配列される。各字は,まず秦代の小篆 (てん) を掲げ,その古字がある場合は下に付記して (重文という) 字体の変遷を示す。小篆 9353字,重文 1153字が収められる。漢字の造字法を象形,指事,会意,形声,転注,仮借の六書 (りくしょ) に分類し,各字について造字法と字義とを解説してある。漢字の本質を説明した最古かつ最も権威ある書で,甲骨文字が発見され,音韻論,語源研究の発達した今日でも,その解説はおおむね正しいとされ,逆に本書があって初めてこれらの研究が進んだ。漢字の配列,分析に使われる部首,六書の発明と相まって中国の実証的学問研究の端緒をなす。テキストは宋初の徐鉉 (じょげん) ,徐かいがそれぞれ校訂した大徐本,小徐本が規準とされ,清代にはこの両書を校合した説文研究が盛んで,多くの注釈が生れた。うち段玉裁の『段注説文解字』 (30巻,1807) が,強引な論証も含むが,最も精密とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せつもんかいじ【説文解字】

中国最古の漢字字書。もと15巻。後漢許慎の著。漢字9353、異体字1163を540部に分けて収め、六書(りくしょ)の説によって、その形・音・義を解説したもの。説文。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

説文解字【せつもんかいじ】

単に《説文》とも。中国の字書。後漢の許慎〔30-124〕著。15巻。小篆(しょうてん)文字9353字を540部に分類,それぞれ字形と字義を訓釈する。文字構成の説明に,指事・象形・形声など〈六書(りくしょ)〉と呼ばれる原理を用い,中国文字学の基本的古典。
→関連項目漢字訓詁学康煕字典小学白川静鳳凰松崎慊堂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せつもんかいじ【説文解字 Shuō wén jiě zì】

単に《説文》ともいう。中国で漢字の構成すなわち〈六書(りくしよ)〉に従ってその原義を論ずることを体系的に試みた最初の字書。後漢の許慎の著。〈後叙〉と呼ばれる序文1篇をあわせて全15編。〈一〉の部に始まって,十二支最後の〈亥〉の字に終わる540部に分かれる。配列の順序は〈一〉の次は〈二〉,その次は〈示〉というように,字形上の連鎖感を配慮しながら,また十二支所属の文字が最後にまとめて置かれるなど,当時中国で普通に人のいだいていた宇宙構成に関する思考をも重ね合わせて決められたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せつもんかいじ【説文解字】

中国の現存最古の字書。後漢の許慎の撰。100年頃成る。当時の九千余字の漢字を部首別に配列し、六書りくしよの説により造字法・意義・音を解説したもの。中国文字学の基本的文献。説文。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

説文解字
せつもんかいじ

中国、後漢(ごかん)の字書。略称『説文』。15編。許慎(きょしん)の著。永元12年(西暦100)の自序があり、字形によって分類した最古の字書。著者は秦(しん)(前3世紀)以前の文字を広く収集し、基本となる9353字、および異体字1163字を得、これを六書(りくしょ)の原理で分析し、540部に分類し、一文字ごとに説明・解釈を施して本書とした。基本となる文字は小篆(しょうてん)の字体であり、異体字は小篆のほかに、それ以前の字体のものを含む。「六書」とは、指事、象形、形声、会意、転注、仮借(かしゃ)をいい、このうち前四者が文字の構成要素の分析に用いられた(後二者は文字の運用法)。本書の540部は後世しだいに整理合併され、『康煕字典(こうきじてん)』では214部となるが、部分けの原則は本書以来、変わっていない。ただし、小篆の字体は筆画を数えることができないので、本書の部のなかの文字は、意味の関連で並べたものである。本書は北宋(ほくそう)の初め徐鉉(じょげん)が校訂したが、それに先だって弟の徐(かい)が校訂・注釈を加えた。この兄弟それぞれの仕事が後世に伝わり、清(しん)代には先秦の文献の解明に必須(ひっす)の書として重んぜられ、幾多の注釈が現れた。なかでも段玉裁『説文解字注』(略称『説文段注』)がもっとも著名である。近年、甲骨文字が発見されて以来、本書の分析の不備が強調されるが、それは、本書が文字の書として基本的なものであることを前提としての論であり、本書の価値をすこしも減ずるものではない。[頼 惟勤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の説文解字の言及

【漢】より

…これは武帝時代に真の統一国家が完成し,中国が未曾有の版図を有して東アジアの一大中心となったという意識が,過去の歴史や文化を総括して新しい時代に対応する哲学的・歴史的解釈を導き出そうとする意識となって自覚されたものにほかならない。このように統一国家の出現を背景として顕著になる文化の統合主義には淮南王劉安が数千人の学者を動員して学問と知識の総合をはかった《淮南子(えなんじ)》の編纂があり,また劉向(りゆうきよう)・劉歆(りゆうきん)父子による中国最初の総合図書目録である《七略》(原本は佚す)や許慎による中国最初の字書の《説文解字(せつもんかいじ)》などもこの範疇に属する。さらに科学の方面に目をうつすと,暦法では司馬遷の太初暦とそれを改良した劉歆の三統暦,数学では《九章算術》,医学では《黄帝内経(こうていだいけい)》や張機の《傷寒論》などがある。…

【辞書】より

…それに,これもそうした歴史的な慣習の問題だが,そういうふうに,現在的意味で確実に辞書,辞典でありうるものを含まぬ反面,この〈字書〉という分類は,逆に現在普通にいう辞書とはやや遠いものを含むこともある。《四庫全書総目》の〈小学〉類は,第1類〈訓詁〉,第2類〈字書〉,第3類〈韻書〉の3類に分かれているが,〈字書〉というときこの第2類に含まれる(1)識字教科書としての分類語彙集=《史籀(しちゆう)篇》《蒼頡(そうけつ)篇》《急就篇》など,(2)字形によって文字を分類解説したもの=《説文解字》《字林》《玉篇》《竜龕手鏡(りようがんしゆきよう)》《類篇》《字彙》《正字通》《康熙字典》など,(3)字体についてその正俗等を規定しようとするもの=《干禄(かんろく)字書》《五経文字》《九経字様》など,等々が〈字書〉と呼ばれるほか,1類から3類まで〈小学〉類に属するもの全体を〈字書〉ということもある。〈字書〉は,したがって広狭2様の場合があることになる。…

【徐鉉】より

…弟徐鍇とともに文字の学にくわしく,八分(はつぷん)や小篆(しようてん)をよく書き,世に〈二徐〉と称せられた。兄弟はいずれも漢の許慎の《説文解字》を研究し,兄鉉は986年(雍熙3),勅命を奉じて《説文解字》を校定し,その定本をつくった。これが今日通行の《説文解字》15巻である。…

【分類】より

… 語彙の分類としては,すでに古代エジプトやメソポタミアに分類語彙集があり,ローマ時代にもポルクスJulius Polluxがギリシア語の《名前の書(オノマスティコン)》を書いている。これは後2世紀であるが,同じころに中国では許慎が9353字を540部に分類した《説文解字(せつもんかいじ)》を完成した。ヨーロッパでは18世紀前半からこの種の書物が出始めて〈シソーラスthesaurus〉と呼ばれた。…

【略字】より

…〈今の〉簡体字は,いわば国定という特定の略字のセットだが,簡体字をそういう〈固有名〉に限らないとすれば,簡体字すなわち略字として,漢字の歴史そのものが,次から次へと作られる簡体字の歴史であったといっていいのである。したがって古代の中国人たとえば《説文解字》の著者許慎なども,はじめに作られた文字は画数の多い〈古文〉であったが,のち文字によっては簡略化され,筆画の少なくなったものが出て来て〈古文〉とは形がちがってくる。それが〈大篆(だいてん)〉あるいは〈籀文(ちゆうぶん)〉であり,日常業務の要求から簡略化が進み〈籀文〉からさえも離れてきたとき,それが〈小篆〉になった,と考えたのである。…

※「説文解字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

説文解字の関連キーワード説文解字詁林説文通訓定声康熙字典竜龕手鑑秦八体馬叙倫莫友芝石鼓文汲古閣厳可均考証学李陽冰風土桂馥意義文献籀文唐韻古文八体

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

説文解字の関連情報