コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調子武音 ちょうし ぶおん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

調子武音 ちょうし-ぶおん

?-1775 江戸時代中期の画家。
南蘋(なんぴん)派の画法を研究し,東福寺普賢堂に一大丸竜をえがいたという。代々近衛府の下級官人で,左近衛将監兼和泉守。安永4年11月7日死去。京都出身。本姓下毛野(しもつけの)。字(あざな)は文声。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

調子武音の関連キーワード富土卵

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android