コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調子武音 ちょうし ぶおん

1件 の用語解説(調子武音の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

調子武音 ちょうし-ぶおん

?-1775 江戸時代中期の画家。
南蘋(なんぴん)派の画法を研究し,東福寺普賢堂に一大丸竜をえがいたという。代々近衛府の下級官人で,左近衛将監兼和泉守。安永4年11月7日死去。京都出身。本姓は下毛野(しもつけの)。字(あざな)は文声。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

調子武音の関連キーワードプガチョフの乱ワイマール特別支援学校豊田市足助町の古い町並み青地林宗一話一言オースティン狩谷棭斎広南去来抄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone