論介(読み)ろんかい(英語表記)(R)Non‐gae

世界大百科事典 第2版の解説

ろんかい【論介 (R)Non‐gae】

?‐1593
朝鮮,李朝時代の妓生キーセン)で,壬辰・丁酉倭乱(文禄・慶長の役)の義妓として知られる。全羅道長水生れ。1593年6月,慶尚道晋州城を占領した日本軍は,城の南側を流れる南江のほとりの矗石(ちくせき)楼で酒宴を開いた。その席にはべらせられた論介は日本の一武将(朝鮮では毛谷村六助とされる)を岩の上にさそいだし,抱きかかえて共に南江に身を投じた。以来,この岩を義岩とし,矗石楼の奥に論介祠堂を建て,毎年6月に祭事が行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android