コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛谷村六助(読み)ケヤムラロクスケ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛谷村六助 けやむら-ろくすけ

浄瑠璃(じょうるり),歌舞伎の主人公。
だまし討ちにされた師の吉岡一味斎の娘をたすけて仇(あだ)を討たせ,豊前(ぶぜん)小倉城(福岡県)城主立花統虎(むねとら)に貴田統治(きだ-むねはる)の名をあたえられる。浄瑠璃「彦山権現誓助剣(ひこさんごんげんちかいのすけだち)」は天明6年(1786)初演された。名は豊前英彦山(ひこさん)(福岡県)毛谷村の樵(きこり)で,のち加藤清正につかえ朝鮮で戦死した実在の人物からとられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けやむらろくすけ【毛谷村六助】

安土桃山時代の剣術の達人。生没年不詳。豊前国(福岡県)の彦山のふもとに住む百姓であったが,武芸にすぐれ,老母に対する孝行でも知られる。実伝はくわしくはわからないが,毛谷村六助を主人公とする時代物浄瑠璃《彦山権現誓助剣(ちかいのすけだち)》が,1786年(天明6)大坂で初演されて大当りとなり,その後繰り返し上演され,黄表紙合巻・読本などにもとりあげられたため,広く知られる人物となった。作中の六助は,吉岡一味斎から八重垣流の剣法を伝授されたが,師一味斎がその娘お菊に横恋慕した京極内匠(たくみ)に暗殺されたため,一味斎の妻お幸,娘お園,お菊の子弥三松を助けて敵討を果たす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けやむらろくすけ【毛谷村六助】

安土桃山時代の剣客。豊前毛谷村の人。吉岡一味斎の娘を助けて父の仇を討たせた。これを脚色したものに浄瑠璃「彦山権現誓助剣ひこさんごんげんちかいのすけだち」がある。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の毛谷村六助の言及

【彦山権現誓助剣】より

…出勤の太夫は,初世豊竹麓太夫,3世竹本内匠太夫,3世竹本政太夫,2世竹本氏太夫(のちの4世政太夫)ほか。実録《豊臣鎮西軍記》に毛谷村六助の話が伝えられているが,宮本武蔵の物語から作意を得たものともいわれる。長州藩の武芸師範吉岡一味斎は試合の遺恨により,京極内匠に闇討されて殺される。…

※「毛谷村六助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毛谷村六助の関連情報