コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶尚道 けいしょうどう Kyŏngsang‐do

1件 の用語解説(慶尚道の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいしょうどう【慶尚道 Kyŏngsang‐do】

朝鮮半島の南東部の地方。朝鮮八道の一つで嶺南地方ともよばれる。現在,韓国の行政区分上,慶尚南道慶尚北道大邱広域市,釜山広域市に四分されている。人口は慶尚北道(道庁所在地は大邱)277万5922,慶尚南道(道庁所在地は昌原)395万8540,大邱市248万5977,釜山市389万2972(いずれも1995)にのぼり,4地域合計の1311万3411は韓国全人口の28%をこえている。
[自然]
 北および西を1000m級の小白山脈がさえぎり,東部には脊梁の太白山脈が幅広く走っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

慶尚道の関連キーワード箕子朝鮮朝鮮牛朝鮮半島馬韓東アジア熊川朝鮮鼬朝鮮烏朝鮮酒豊臣秀吉の朝鮮出兵

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

慶尚道の関連情報