コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶尚道 けいしょうどうKyŏngsang‐do

世界大百科事典 第2版の解説

けいしょうどう【慶尚道 Kyŏngsang‐do】

朝鮮半島の南東部の地方。朝鮮八道の一つで嶺南地方ともよばれる。現在,韓国の行政区分上,慶尚南道慶尚北道大邱広域市,釜山広域市に四分されている。人口は慶尚北道(道庁所在地は大邱)277万5922,慶尚南道(道庁所在地は昌原)395万8540,大邱市248万5977,釜山市389万2972(いずれも1995)にのぼり,4地域合計の1311万3411は韓国全人口の28%をこえている。
[自然]
 北および西を1000m級の小白山脈がさえぎり,東部には脊梁の太白山脈が幅広く走っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

慶尚道の関連キーワードコクトゥカクシノルム第2次晋州城の戦いテグ(大邱)直轄市韓国国立慶州博物館慶尚道地理志アラン使道伝泗川の戦い蔚山の戦い丁未約条朝鮮通宝光州事件壬戌民乱張志淵鄭斉斗鄭夢周沈義謙鄭道伝洛東江金正喜郭再祐

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慶尚道の関連情報