コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謄写版印刷 とうしゃばんいんさつmimeograph

翻訳|mimeograph

1件 の用語解説(謄写版印刷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

謄写版印刷
とうしゃばんいんさつ
mimeograph

孔版印刷の一種。ガリ版印刷ともいう。特殊加工を施した紙に小孔をあけて版 (ステンシル) をつくり,枠に張ったスクリーンの裏面にステンシルを取付けて,着肉ローラを転がして印刷する。印刷には電動式の輪転機も開発されている。 19世紀末に T.エジソンが発明したといわれるが,日本では,1894年堀井新治郎がろう引きした原紙をやすりの上に置き鉄筆で書写してステンシルをつくる鉄筆法を開発して,謄写版と名づけた。製版法にはほかに毛筆法,タイプ法,電子法などがあるが,現在最も多用されているのはタイプ法で,これは油性の被膜をもつ原紙にタイプライタで印字し,印圧で被膜を除去してステンシルをつくる。毛筆法は,多孔質の紙にゼラチンコートして弱酸液で書写し,膜を溶解させて製版する方法,電子法は,カーボンをコートした原紙を電子的に焼切って製版する方法である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

謄写版印刷の関連情報