コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪転機 リンテンキ

デジタル大辞泉の解説

りんてん‐き【輪転機】

印刷機械の一。版を巻きつけた円筒と、これを圧しながら回転する円筒との間に、ふつう巻き取り印刷紙を通して連続的に印刷するもの。短時間に大量印刷ができ、新聞・書籍などの印刷に使用。活版用やオフセット・グラビア用、小型の孔版印刷用などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

輪転機【りんてんき】

平盤の版面をもつ円圧式印刷機に対し,円筒状になっている版面と,これに紙を押しつける圧胴が相対した構造の印刷機凸版オフセット印刷グラビア印刷の各印刷方式にそれぞれ輪転機がある。
→関連項目印刷機新聞用紙平圧式印刷機

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りんてんき【輪転機 rotary press】

輪転印刷機ともいう。円筒状の版を用い,円筒形の圧胴によって紙を押しつける形式の印刷機。印刷速度が早いのが特徴で,オフセットもグラビアもこの方式で印刷することが多いが,一般には輪転機というと,新聞印刷用の新聞輪転機として理解されている。また輪転機には枚葉紙を使うものがあるが,新聞輪転機からの連想で巻取紙を使って連続的に印刷するもの(巻取紙輪転機)だけを輪転機と呼ぶ傾向が強い。巻取紙輪転機が枚葉紙を使うものより高速であることは機械的にみても当然であり,巻取紙輪転機が増える傾向にある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りんてんき【輪転機】

印刷機械の一。円筒型の版面と円筒型の圧胴との間に巻き取り紙を通し、連続回転させて印刷する機械。版式により、活版・オフセット・グラビアなどの機種がある。高速で、大量の印刷ができる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の輪転機の言及

【印刷機】より

…版の方式によって,凸版を用いる凸版印刷機,平版を用いる平版印刷機,凹版を用いる凹版印刷機,およびシルクスクリーン印刷謄写版用の孔版印刷機にわけられるが,平版はそのほとんどすべてがオフセット印刷なので,平版印刷機=オフセット印刷機と考えても差支えない。また版の形状と押圧の機構からは,平らな版を用い平らな圧盤で加圧する平圧式印刷機,版の形状は平らであるが円筒形の圧胴で加圧する円圧式印刷機,および丸い版を利用し円筒形の圧胴で加圧する輪転機の三つに大別される。このように印刷機にはさまざまな種類があるが,基本的には,(1)加圧機構,(2)インキをつける装置,(3)紙を供給・移送し,刷り終わったものを整えて排出する装置,(4)その途中で乾燥させる装置の4部から構成されており,高性能のものほど主要機構である加圧部より他の部分が大がかりである。…

【ケーニヒ】より

…17年バウアーと共同でビュルツブルクに印刷機製造工場を設立。高速輪転機の生産を行い,漸次大量生産に入りはじめた19世紀前半の新聞・出版業に,格好の生産手段を提供する。1813年イギリスの《タイムズ》がこのケーニヒの輪転機を買い(この機械で印刷を開始したのは1814年11月29日号から)日刊紙生産に大変化をひきおこすのが,そのことを象徴している。…

※「輪転機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

輪転機の関連キーワードケーニヒ(Friedrich König)人性論(ヒュームの著書)マス・コミュニケーション擦る・摩る・磨る・擂るオルテガ・イ・ガセット謄写ファクシミリ東京機械製作所凸版印刷(株)島田 万次郎福岡日日新聞サンデー毎日一力 健治郎浜田 初次郎ロータリー謄写版印刷浜田初次郎輪転印刷機高速輪転機安部 元喜三木 善八

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

輪転機の関連情報