コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孔版印刷 こうはんいんさつ stencil

翻訳|stencil

4件 の用語解説(孔版印刷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孔版印刷
こうはんいんさつ
stencil

特殊加工の紙,絹布,金属箔などに大小の孔 (あな) をつくり,これらの孔からインキを通して印刷する方法。謄写版印刷シルクスクリーン印刷などがこれに属する。凸版,凹版,平版とともに印刷の4版式の一つに数えられるが,他の3版式とはやや異なり,一般商業印刷ではほとんど用いられず,特殊な印刷か,軽印刷の分野で多用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

孔版印刷【こうはんいんさつ】

謄写版に代表される軽印刷法で,原紙に穴をあけ,穴の形そのままにインキを写す方法。タイプ孔版コロジオンと油脂の混合液で処理した薄い和紙にタイプライターで印字製版するもので,仕上がりが活版印刷に近く,オフセット印刷もできる。
→関連項目印刷凸版

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

こうはんいんさつ【孔版印刷】

謄写版・スクリーン印刷などで、画線部に版の裏側からインクを滲出させて印刷する方式の総称。孔版。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孔版印刷
こうはんいんさつ

型紙を枠に張り、上からインキを押し出して印刷する方法。版そのものに孔(あな)があいているので、この名称となった。この種の印刷法には謄写版、スクリーン印刷などが含まれる。謄写版は、蝋(ろう)紙を金属製やすりの上に置き、文字や図を鉄筆で書くと、その部分だけ蝋がはがれる。布を張った枠にこれを張り、ローラーでインキをつけると、蝋のはがれた部分はインキが通過して紙に移る。鉄筆で書くかわりにタイプライターの活字を強く押し付けてもよい。これはタイプ孔版、孔版タイプ、孔版タイプ印刷などとよばれ、軽印刷として利用された。また感光性樹脂を使って型紙(文字や絵)をつくる製版技術も開発され、年賀状などのアマチュア印刷に利用された。現在はパソコンとプリンターが家庭や学校でも使われるようになり、謄写版は趣味の世界でしか行われていない。一方、スクリーン印刷は、芸術のほか、産業用途として屋外看板や垂れ幕、精密機器のプリント基板などに使われている。[山本隆太郎・中村 幹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

孔版印刷の関連キーワード切削油熱間加工プレス加工板引き紙鑢絹布金属工業金属箔特殊加工福田金属箔粉工業

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

孔版印刷の関連情報