謝るなら、いつでもおいで

デジタル大辞泉プラスの解説

謝るなら、いつでもおいで

川名壮志によるノンフィクション。2004年に長崎県佐世保で発生した小学生女児による同級生の殺害事件をテーマとする。自らの上司の娘が被害者となった事件のその後を追い、大宅壮一ノンフィクション賞候補作ともなった。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

謝るなら、いつでもおいでの関連情報