謝るなら、いつでもおいで

デジタル大辞泉プラスの解説

謝るなら、いつでもおいで

川名壮志によるノンフィクション。2004年に長崎県佐世保で発生した小学生女児による同級生の殺害事件をテーマとする。自らの上司の娘が被害者となった事件のその後を追い、大宅壮一ノンフィクション賞候補作ともなった。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

謝るなら、いつでもおいでの関連情報