コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノンフィクション ノンフィクション nonfiction

翻訳|nonfiction

6件 の用語解説(ノンフィクションの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノンフィクション
ノンフィクション
nonfiction

フィクション (虚構) に対し,ルポルタージュ,旅行記,歴史,日記,書簡,伝記など,事実に即した作品をいう。しかし,最近ではフィクションノンフィクションの間の境界が曖昧になって,T.カポーティの『冷血』 (1966) のようにノンフィクション小説という使い方もときにみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ノンフィクション(nonfiction)

虚構を用いず事実に即して作られた作品。紀行ドキュメンタリーなど。NF。→フィクション

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノンフィクション

文学のジャンルの一つ。虚構(フィクション)を全く排した散文ルポルタージュ,旅行記,伝記,歴史など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ノンフィクション【nonfiction】

字義どおりにはフィクションではないもの,つまり小説,詩,戯曲を除くすべての著作物。日本やアメリカの書評紙ではベストセラーの一覧をフィクションとノンフィクションに分け,後者には健康促進,ペットの飼い方などの実用書まで含まれる。しかしより一般的には,事実に基づくルポルタージュ,ドキュメンタリー,旅行記,探検記,伝記,日記などの散文形式の作品を指す。ただし,この定義も包括的であり,ノンフィクションには批判精神が欠如しているとしてルポルタージュやドキュメンタリーをこれから除外する考え方もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ノンフィクション【nonfiction】

虚構によらず事実に基づく伝記・記録文学などの散文作品、または、記録映画など。 ↔ フィクション

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノンフィクション
のんふぃくしょん
nonfiction

春名徹(はるなあきら)(1935― )はノンフィクションを「事実にもとづいた、文学以外の、言語表現による著作」と規定している(『日本近代文学大事典』)。しかし、この規定のなかの「文学以外」という限定ははずしてもかまわないと思われる。現在では、ノンフィクション作品は、りっぱな文学作品として認められていて、現代文学の世界で大きな位置を占めているからだ。[川村 湊]

海外のノンフィクション

古代のギリシアでは神々の物語として「神話」が、そして人々の物語として「歴史」があった。ホメロスの『イリアス』『オデュッセイア』は神と人との物語として「神話物語(=フィクションの原型)」として位置づけられていたが、シュリーマンの遺跡発掘によって、現実にあった歴史を素材とした、いわばノンフィクション作品であることが証明された。
 ヘロドトスやトゥキディデスの『歴史』やカエサルの『ガリア戦記』、司馬遷(しばせん)の『史記』などの歴史書が、もっとも早い時期のノンフィクション作品ということができ、それは神々の物語としての「神話」や、その発展形態としての伝説、綺譚(きたん)、妖精(ようせい)物語、ロマンスなどのフィクション(=虚構、小説)と、ジャンル的に分離・区分されるようになったのである。
 近代においてもジョン・リードの『世界をゆるがした十日間』(1919)やエドガー・スノーの『中国の赤い星』(1937)など、革命や戦争に密着したドキュメンタリーとしてのノンフィクション作品が書かれたが、記録文学、ドキュメンタリーといったさまざまなジャンル名をまとめるような形で「ノンフィクション」と称されるようになったのは、第二次世界大戦後のことであって、アメリカのジャーナリズムにおいて従来の記録や報道、または実話小説などと違ったノンフィクション作品が書かれるようになってからのことだ。代表的なものとしてトルーマン・カポーティの『冷血』(1966)をあげることができる。
 もちろん、それ以前にもアンドレ・ジッドの『ソビエト紀行』(1936)やジョージ・オーウェルの『カタロニア讃歌(さんか)』(1938)のような著名な小説家によるノンフィクション作品(紀行、記録、報告)がなかったわけではない。しかし、文学作品としてのノンフィクションが認識されるようになったのは、欧米においても、日本においてもごく近年のことに属しているのである。[川村 湊]

日本のノンフィクション

記録文学、ルポルタージュ文学といった名称で、ノンフィクション作品はこれまでも日本の文学史において登録されてきた。横山源之助の『日本之下層社会』(1899)や松原岩五郎(1866―1935)の『最暗黒之東京』(1926)、あるいは細井和喜藏(わきぞう)の『女工哀史』(1925)などがそうである。しかし、近年のノンフィクション文学というジャンルは、こうした先行作品とは少し趣(おもむき)を異にした、いわゆるニュー・ジャーナリズムを背景として、1974年(昭和49)に「田中角栄研究」で一躍脚光を浴びた立花隆(1940― )、児玉隆也(たかや)(1937―75)などの登場によって大いに注目されるようになったのである。ノンフィクション作家、ノンフィクション文学という言葉があたりまえのように流通し、ノンフィクション作品を対象とした大宅壮一ノンフィクション賞のような文学賞も創設された。
 こうしたノンフィクション文学というジャンルの確立には、何人かの小説家の力があったと思われる。第二次世界大戦後のこうした分野を活発化させたのは坂口安吾(あんご)であり、『安吾巷談(こうだん)』(1950)や『安吾新日本地理』(1951)などの作品は明らかに戦後のノンフィクションのはしりである。それは小説家の手すさびのエッセイ、漫筆ではなく、社会現象や事件、現実・事実を相手にした作家の真剣な表現活動の取組みだったのである(それがやや余裕の産物のようにみえたとしても)。
 もっと現代に近いところでそうしたノンフィクション作品の試みを行ったのが、開高健(かいこうたけし)である。彼は『片隅の迷路』(1962)のような、現実に起こった徳島ラジオ商殺しという冤罪(えんざい)事件を小説として書くかたわら、『ずばり東京』(1964)や『ベトナム戦記』(1965)といったルポルタージュ作品を書き、大都市東京というキメラのような街や、ベトナム戦争という世界の矛盾の輻輳(ふくそう)する場所から現代社会、現代の戦争についての報告を行ったのである。
 もう一人、ノンフィクションを書いた小説家として梶山季之(としゆき)をあげることができる。『黒の試走車』(1962)などの産業スパイ小説で、一世を風靡(ふうび)した彼は、週刊誌の取材記者、ルポルタージュ記事の書き手として「トップ屋」とよばれるノンフィクション作家たちの先頭にたった。日韓関係、原爆問題、移民問題を中心に、政治・経済・犯罪・芸能界など、彼の守備範囲は広く、また、反体制的、社会批判的なスタンスは、その後のノンフィクション・ライターの反骨精神につながったといえる。それはまた、大宅壮一(おおやそういち)の大衆社会への批評性につながり、また、松本清張(せいちょう)の現代社会の暗黒面を暴き出した『日本の黒い霧』などのノンフィクション作品にもつながっている。
 立花隆や児玉隆也も社会派というべきノンフィクション作家だったが、同じ社会派でも、石牟礼(いしむれ)道子、上野英信(ひでのぶ)(1927―87)、松下竜一(1937―2004)などはもっと文学色が鮮やかで、小説作品と見まがうような作品を書いている。石牟礼の『苦海浄土』(1969)、上野の『地の底の笑い話』(1967)、松下の『狼煙(のろし)を見よ』(1987)などは、社会的事件に題材を仰いだものだが、作者の詩情や感性がその作品の底を流れているのが特徴的である。森崎和江(1927― )や沢地久枝(さわちひさえ)(1930― )の作品も、そうした系統に属しているといえよう。
 一人の人物や、事件、事象を追いかけ、長編や短編のノンフィクションを完成させるというスタイルを、沢木耕太郎(1947― )や鎌田慧(さとし)(1938― )や柳田(やなぎだ)邦男(1936― )が完成させた。沢木耕太郎は人物評伝のスタイルで『人の砂漠』(1977)を書き、テロ事件の被害者と加害者とを両面から描いた『テロルの決算』(1978)を書いた。鎌田慧は『自動車絶望工場』(1973)で、体験的ルポルタージュの道を開いた。柳田邦男は『マッハの恐怖』(1971)で、現代の航空機事故が、社会のあらゆる方面からの影響力とあらゆる方面への波及力をもっていることを示した。
 さらに、ノンフィクションの次の世代として、猪瀬直樹(いのせなおき)(1946― )、佐野眞一(1947― )、吉田司(つかさ)(1945― )、吉岡忍(しのぶ)(1948― )、関川夏央(1949― )、久田恵(めぐみ)(1947― )、野村進(1956― )などがいる。彼らは、国内、国外を問わない旺盛なフィールドワークと、緻密(ちみつ)な文献資料の活用によって、ノンフィクション作品をより広く、一般的な文学作品として定着させていった。猪瀬の『ミカドの肖像』(1986)は、日本の近代の天皇制と西武資本との「結託」を論証し、佐野の『巨怪伝』(1994)は政治家の近代史を、吉田の『下下戦記』(1987)は水俣(みなまた)病の患者世界を、吉岡の『墜落の夏』(1986)は日航機墜落事故を、関川の『海峡を越えたホームラン』(1984)は、日韓の野球社会を、久田の『サーカス村裏通り』(1986)は、日本のわびしいサーカス団の世界を、野村の『海の果ての祖国』(1987)は、サイパン移民の世界を、それぞれ新鮮な視角から描き出し、ノンフィクション作家として成長していった。また、辺見庸(へんみよう)(1944― )の『もの食う人びと』(1994)や、中上健次の『紀州――木の国・根の国物語』(1978)、村上春樹(1949― )の『アンダーグラウンド』(1997)など、小説家によるノンフィクション作品の試みも持続されている。[川村 湊]
『●ノンフィクション一般 ▽杉浦明平著『記録文学の世界』(1968・徳間書店) ▽篠田一士著『ノンフィクションの言語』(1985・集英社) ▽槌田満文編『東京記録文学事典――明治元年~昭和20年』(1994・柏書房) ▽佐野眞一著『私(わたし)の体験的ノンフィクション術』(集英社新書)』
『●作品 ▽松本清張著『日本の黒い霧』(1960・文芸春秋新社) ▽柳田邦男著『マッハの恐怖――連続ジェット機事故を追って』(1971・フジ出版社) ▽沢木耕太郎著『人の砂漠』(1977・新潮社) ▽沢木耕太郎著『テロルの決算』(1978・文芸春秋) ▽中上健次著『紀州――木の国・根の国物語』(1978・朝日新聞社) ▽梶山季之著『黒の試走車』(1979・光文社) ▽石牟礼道子著『苦界浄土――わが水俣病』(1980・講談社) ▽関川夏央著『海峡を越えたホームラン――祖国という名の異文化』(1984・双葉社) ▽猪瀬直樹著『ミカドの肖像』(1986・小学館) ▽野村進著『海の果ての祖国』(1987・時事通信社) ▽松下竜一著『狼煙を見よ――東アジア反日武装戦線「狼」部隊』(1987・河出書房新社) ▽吉田司著『下下戦記』(1987・白水社) ▽佐野眞一著『巨怪伝――正力松太郎と影武者たちの一世紀』(1994・文芸春秋) ▽辺見庸著『もの食う人びと』(1994・共同通信社) ▽村上春樹著『アンダーグラウンド』(1997・講談社) ▽上野英信著『地の底の笑い話』(岩波新書) ▽開高健著『ずばり東京』(文春文庫) ▽開高健著『片隅の迷路』(角川文庫) ▽開高健著『ベトナム戦記』(朝日文庫) ▽鎌田慧著『自動車絶望工場――ある季節工の日記』(講談社文庫) ▽坂口安吾著『安吾新日本地理』(河出文庫) ▽久田恵著『サーカス村裏通り』(文春文庫) ▽細井和喜蔵著『女工哀史』(岩波文庫) ▽松原岩五郎著『最暗黒の東京』(岩波文庫) ▽横山源之助著『日本の下層社会』改版(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノンフィクションの関連キーワードサイエンスフィクション消日メタフィクションショッピングアディクションディクションファクションフィクショナルSF サムライ・フィクションパルプ・フィクションノンフィクション・ノベル

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノンフィクションの関連情報