コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謝氏南征記 しゃしなんせいき

1件 の用語解説(謝氏南征記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゃしなんせいき【謝氏南征記】

朝鮮の李朝中期(17世紀)の長編小説。作者金万重。成立年未詳。貴族家庭内の妻妾間の葛藤を描く。地名,人名を中国に借りているが,当時の粛宗王をめぐる宮廷事件をモデルにしてこれを諷諫したものといわれる。原作は婦女子を対象にハングルで書かれ,のち従孫の金春沢が漢文に翻訳して男性知識層にも普及した。17世紀以降に出現する娯楽性と教訓性を兼ねた通俗小説の代表的作品である。【大谷 森繁】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

謝氏南征記の関連キーワード三浦の乱李朝実録倭館腕くらべ掌編小説書堂中編小説長編小説さむけスワッグ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone