コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謝氏南征記 しゃしなんせいき

世界大百科事典 第2版の解説

しゃしなんせいき【謝氏南征記】

朝鮮の李朝中期(17世紀)の長編小説。作者金万重。成立年未詳。貴族家庭内の妻妾間の葛藤を描く。地名,人名を中国に借りているが,当時の粛宗王をめぐる宮廷事件をモデルにしてこれを諷諫したものといわれる。原作は婦女子を対象にハングルで書かれ,のち従孫の金春沢が漢文に翻訳して男性知識層にも普及した。17世紀以降に出現する娯楽性と教訓性を兼ねた通俗小説の代表的作品である。【大谷 森繁】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

謝氏南征記の関連キーワード朝鮮文学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android