コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通俗小説 ツウゾクショウセツ

デジタル大辞泉の解説

つうぞく‐しょうせつ〔‐セウセツ〕【通俗小説】

芸術的価値に重点を置かず、一般大衆の好みに応じて書かれた娯楽性の高い小説。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

通俗小説【つうぞくしょうせつ】

文芸用語。純文学に対立する大衆文学の一種とされ,普通は時代小説に対して通俗的な筋立本位の現代小説をさす。明治の《不如帰(ほととぎす)》《金色夜叉》などを先駆とし,菊池寛の《真珠夫人》をはじめ久米正雄らの新聞・雑誌連載小説で隆盛をみるとされる。
→関連項目片岡鉄兵家庭小説北原武夫藤沢桓夫三上於菟吉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つうぞくしょうせつ【通俗小説】

文芸用語。筋のおもしろさを中心にした小説で,芸術性よりも娯楽性や大衆性力点の置かれているものをいう。内容的にはその時代の好みや流行を追い,社会風俗を描いたものが多い。したがって狭義には現代風俗小説をさす。文学史的には,日本では明治30年代に流行した家庭小説に始まり,大正中期に至り,新聞の発行部数が100万部をこえ,大衆雑誌や婦人雑誌が続発した状況を背景に,久米正雄菊池寛などの有力な作家が進出して多数の読者を確保して以来,通俗小説の隆盛を迎える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

つうぞくしょうせつ【通俗小説】

その時代の風俗に取材し、一般大衆が楽しめるように、事件や筋の面白さに重点を置いた娯楽性の高い読み物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通俗小説
つうぞくしょうせつ

娯楽性が強く、大衆に広く迎え入れられている読み物をいう。いわゆる純文学に対立する概念が伴う。幕末以前に取材した俗受けする髷物(まげもの)小説が大衆小説とよばれるのに対して、通俗小説は現代の家庭生活に取材し、読者に媚(こ)びる要素をつねにもつところに特色がある。歴史的にみると明治の家庭小説にその源流が求められる。尾崎紅葉(こうよう)の『金色夜叉(こんじきやしゃ)』(1897~1902)、徳冨蘆花(とくとみろか)の『不如帰(ほととぎす)』(1908~09)などがそうであり、大正中期の久米(くめ)正雄の『蛍草(ほたるぐさ)』(1918)や菊池寛の『真珠夫人』(1920)などを経て、昭和期の小島政二郎(まさじろう)、吉屋信子(のぶこ)、石坂洋次郎らの作品につながる。第二次世界大戦後になると、通俗の概念は題材的にエロティシズムやサラリーマン物や推理物をも含め、多様化していくこととなる。[関口安義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の通俗小説の言及

【真珠夫人】より

…しかし,崇拝者の一人,青木稔を義理の娘美奈子が慕っていることを知った彼女は,稔をしりぞけるが,その真意を誤解した彼に刺されて死ぬ。驕慢な妖婦として描かれた瑠璃子には,大正期の〈新しい女〉の幻想が投影されており,家庭小説の枠組を破った新しい通俗小説の誕生を告知する画期的な作品である。【前田 愛】。…

※「通俗小説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

通俗小説の関連キーワードクラレンス・バディントン ケランドウイリアム・ナサニエル ハーベンベン・エームズ ウイリアムズアール・ダー ビガーズブルワー・リットン小島政二郎却説・卻説良人の貞操篠原 嶺葉中村武羅夫戸川 貞雄加藤武雄小杉天外白話小説小栗風葉四大奇書フーイエ戸川貞雄リットン竜図公案

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通俗小説の関連情報