コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金万重 きんまんじゅうKim Manjung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金万重
きんまんじゅう
Kim Manjung

[生]仁祖15(1637)
[没]粛宗18(1692)
朝鮮,李朝文臣,小説家。字,重叔。号,西浦。光山金氏の名門に生れ,大司憲,大提学などの顕職を歴任したが,党争に巻込まれ,配所の南海で病死。当時の漢文崇拝の風潮のなかでハングルの価値を唱え,また軽視されていた小説にもその効用を認め,みずから長編のハングル小説『九雲夢』『謝氏南征記』などを書いた。『九雲夢』は配所で母親のために書いたともいわれ,功名富貴も一場の春夢にすぎないという仏教的悟りを,楊少遊という貴族の一生を通じて描く。『謝氏南征記』は,ときの王粛宗が王妃を廃した事件を,貴族の家庭の妻妾間の葛藤に仮託した作品。そのほか,詩文集『西浦集』,随筆集『西浦漫筆』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんまんじゅう【金万重 Kim Man‐jung】

1637‐92
朝鮮,李朝の文臣,作家。字は重叔,号は西浦。父は丙子の乱(1636)のとき江華島で殉節した金益謙,母の尹(いん)氏は歴代宰相家であった尹斗寿の孫女。母は夫なきあと,2人の子(万基,万重)の教育をみずから施し,父を知らない万重は生涯母への尊敬と孝心があつかったという。官は工曹判書,大司憲にまで至ったが,党争のなかで西人派であった彼の官運は西人勢力の盛衰に左右された。47歳のとき,王(粛宗)が宮女の張氏を寵愛したのを,万重は経筵の席上でいさめたため王の怒りを買い宣川に流配された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金万重
きんまんじゅう / キムマンジュン
(1637―1692)

朝鮮、李朝(りちょう)の政治家、小説家。名門の出身で字(あざな)は重叔(じゅうしゅく)、号は西浦。父益謙(えっけん)は彼が生まれる前、清(しん)の侵略に悲憤、自尽したので、以後、母親の薫陶を受けて育った。29歳のとき文科に及第、官界に入っては大提学(正二品)の位にまで上ったが、党争に巻き込まれ、配所の南海島(なんかいとう/ナムヘド)(慶尚南道(けいしょうなんどう/キョンサンナムド))で没した。配所で書いたといわれるハングル小説『謝氏南征記』『九雲夢(きゅううんむ)』は、漢文崇拝の当時の風潮のなかでは画期的なことであった。朝鮮国文学発展の先駆者で、ほかに『西浦集』『西浦漫筆』など。[尹 學 準]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の金万重の言及

【九雲夢】より

…李朝の文臣,作家,金万重(きんまんじゆう)の小説。作者は晩年の1690年(粛宗16),王子冊立問題に関連して南海に島流しになったが,その間,郷里にいる老母を慰めようとして作ったといわれる。…

※「金万重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金万重の関連キーワード朝鮮文学

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android