谷口重以(読み)たにぐち じゅうい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷口重以 たにぐち-じゅうい

?-? 江戸時代前期の俳人。
京都の人。松永貞徳(ていとく),服部定清,北村季吟に師事して貞門の俳諧(はいかい)をまなび,のち談林派に転じ,田中常矩(つねのり)に師事した。寛永年間(1624-44)に生まれ,宝永元年(1704)以降に死去。本名は重以(しげこれ)。通称は宗兵衛,十郎兵衛。別号に同和,楽山子。編著に「吾妻紀行」「百人一句」「新百人一句」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android