コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷口重以 たにぐち じゅうい

美術人名辞典の解説

谷口重以

俳人。通称十郎兵衛、号は同和・楽山子。野々口立圃門のち北村季吟に学び、談林の作家にも交わった。『百人一句』『新百人一句』の編著がある。寛文年中歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷口重以 たにぐち-じゅうい

?-? 江戸時代前期の俳人。
京都の人。松永貞徳(ていとく),服部定清,北村季吟に師事して貞門の俳諧(はいかい)をまなび,のち談林派に転じ,田中常矩(つねのり)に師事した。寛永年間(1624-44)に生まれ,宝永元年(1704)以降に死去。本名は重以(しげこれ)。通称は宗兵衛,十郎兵衛。別号に同和,楽山子。編著に「吾妻紀行」「百人一句」「新百人一句」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

谷口重以の関連キーワード俳人