コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松永貞徳 まつなが

美術人名辞典の解説

松永貞徳

安土桃山・江戸前期の俳人・国学者。京都生。名は勝熊、別号に長頭丸・逍遥軒・明心・延陀丸・延陀王丸等。父は連歌師永種、母は藤原惺窩の姉という文化的環境に育ち、細川幽斎里村紹巴に和歌・連歌を学び、林羅山木下長嘯子と交わる。また俳諧の方式を定め、門下に北村季吟・雛屋立圃らを育て貞門派を形成、俳諧三神の一と称される。承応2年(1653)歿、83才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まつなが‐ていとく【松永貞徳】

[1571~1654]江戸初期の俳人・歌人歌学者。京都の人。尺五(せきご)の父。名は勝熊。別号、長頭丸(ちょうずまる)・逍遊軒など。和歌を細川幽斎に、連歌を里村紹巴(さとむらじょうは)に学ぶ。貞門俳諧の祖。門下から北村季吟らを輩出。歌集「逍遊愚抄」、俳諧式目書「御傘(ごさん)」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

松永貞徳【まつながていとく】

貞徳

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松永貞徳 まつなが-ていとく

1571-1654* 織豊-江戸時代前期の俳人,国学者。
元亀(げんき)2年生まれ。父は連歌師松永永種。九条稙通(たねみち),里村紹巴(じょうは),細川幽斎に和歌,連歌をまなぶ。20歳ごろ豊臣秀吉の右筆となったが,関ケ原の戦い後は私塾で和歌や俳諧(はいかい)を指導した。貞門俳諧の祖。承応(じょうおう)2年11月15日死去。83歳。京都出身。名は勝熊。別号に長頭丸(ちょうずまる),逍遊軒,延陀丸(えんだまる),明心など。家集に「逍遊集」,著作に「新増犬筑波集」「俳諧御傘」など。
【格言など】物学ばん者は,かりそめにも時の名人にそうべき事なり(「戴恩記」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まつながていとく【松永貞徳】

1571~1653) 江戸初期の俳人・歌人・歌学者。京都の人。幼名、勝熊。号、逍遊軒・松友・長頭丸ちようずまる・花咲の翁など。九条稙通・細川幽斎らから和歌・歌学、里村紹巴じようはから連歌を学ぶ。豊かな学殖で古典を講義、私塾を開き、また庶民の間に俳諧を広めた。門下から北村季吟・加藤盤斎・伊藤仁斎らを輩出。江戸初期の代表的な狂歌師でもあった。編著「俳諧御傘ごさん」「新増犬筑波集」「天水抄」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松永貞徳
まつながていとく

[生]元亀2(1571).京都
[没]承応2(1653).11.15. 京都
江戸時代前期の俳人,歌人,歌学者。名,勝熊。別号,逍遊軒,長頭丸,延陀丸,花咲の翁など。連歌師の子として生れ,九条稙通 (たねみち) ,細川幽斎らから和歌,歌学などを,里村紹巴から連歌を学び,一時豊臣秀吉の祐筆となった。貞門俳諧の指導者として,俳諧を全国的に普及させた功績は大きく,松江重頼,野々口立圃,安原貞室,山本西武 (さいむ) ,鶏冠井 (かえでい) 令徳,高瀬梅盛,北村季吟のいわゆる七俳仙をはじめ多数の門人を全国に擁した。歌人としては木下長嘯子とともに地下 (じげ) 歌壇の双璧をなし,門下に北村季吟,加藤磐斎,和田以悦,望月長好,深草元政,山本春正らがいる。狂歌作者としても一流であった。俳書に『新増犬筑波集』 (1643) ,『御傘 (ごさん) 』,『紅梅千句』 (55) ,歌集に『逍遊愚抄』 (77) ,歌学書に『九六古新注』 (70) ,『堀川百首肝要抄』 (84) ,狂歌書に『貞徳百首狂歌』 (36成立) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松永貞徳
まつながていとく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の松永貞徳の言及

【貞徳】より

…近世前期の俳人,歌人,歌学者。姓は松永,名は勝熊(幼名は小熊),別号は逍遊,逍遊軒,松友,頌友,長頭丸(ちようずまる),明心,延陀丸,延陀王丸,保童坊など。晩年住んだ京五条稲荷町の〈花咲の宿〉にちなみ,五条の翁,花咲の翁とも呼ばれた。京都の人。摂津国高槻(大阪府)の豪族入江氏の出で,父永種のとき,曾祖母妙精の縁戚松永弾正久秀の姓をとって松永と改めた。永種は,当代随一の学者,文化人で豊臣秀吉のお伽衆大村由己(ゆうこ)や,歌壇・歌学界の第一人者細川幽斎や,連歌界の大立者里村紹巴(じようは)などと親交を結んでいたので,後年文人として立つ貞徳にはきわめて有利な環境が整っていた。…

※「松永貞徳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松永貞徳の関連キーワード徒然草文段抄新増犬筑波集伊勢村意朔野々口立圃安原貞室加藤盤斎椋梨一雪松永尺山岡本宗好半井卜養荒木加友松江重頼九条稙通和田以悦深草元政貞門俳諧加藤磐斎清水宗川西村良安石田未得

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松永貞徳の関連情報