豆腐よう(読み)とうふよう

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

豆腐よう[加工食品]
とうふよう

九州・沖縄地方、沖縄県の地域ブランド。
豆腐を泡盛・米麹・紅麹で発酵させたもの。濃厚なチーズのような味わい。に最適。紅色のものが主流だが、近年白色豆腐ようもみられる。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

栄養・生化学辞典の解説

豆腐よう

 沖縄特産の豆腐加工品で,部分的に乾燥した豆腐を麹その他の副原料とともに発酵させて製造した食品

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android