豊国覚堂(読み)とよくに がくどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊国覚堂 とよくに-がくどう

1865-1954 明治-昭和時代の僧,郷土史家。
慶応元年6月25日生まれ。群馬県大胡(おおご)町の曹洞宗(そうとうしゅう)長善寺の住職。大内青巒(せいらん)の影響をうけ,明治38年「上野(こうずけ)日々新聞」を発行。大正2年上毛郷土史研究会を設立し,「上毛及(および)上毛人」を創刊した。昭和29年2月4日死去。88歳。曹洞宗専門学校卒。旧姓は田川。本名は義孝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android