コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊川悦司 とよかわ えつし

2件 の用語解説(豊川悦司の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊川悦司 とよかわ-えつし

1962- 平成時代の俳優。
昭和37年3月18日生まれ。平成元年「君は僕をスキになる」で映画デビュー。4年テレビドラマ「NIGHT HEAD」で注目される。5年「課長 島耕作」などで日本アカデミー賞新人俳優賞。8年「Love Letter」日本アカデミー賞優秀助演男優賞・話題賞。9年「八つ墓村」で日本アカデミー賞優秀主演男優賞。15年「命」で日本アカデミー賞優秀主演男優賞。18年「北の零年」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞。「必死剣鳥刺し」「今度は愛妻家」で22年報知映画賞主演男優賞,23年キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞。舞台,テレビ演出でも活躍。大阪府出身。関西学院大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

豊川 悦司


芸名
豊川 悦司

性別
男性

生年月日
1962/03/18

星座
うお座

干支
寅年

血液型
O

出身地
大阪府

身長
186cm

体重
70kg

靴のサイズ
27cm

職種
タレント・俳優・女優

資格・免許
普通自動車/大型二輪

プロフィール
'90年『3-4×10月』(北野武 監督)の沖縄のヤクザ組長役で注目される。'91年『12人の優しい日本人』(中原俊 監督)で本格的に映画デビュー。翌'92年『きらきらひかる』(松岡錠司 監督)、『課長島耕作』(根岸吉太郎 監督)と続けて映画に出演。これらのしなやかな演技に対し、'93年第14回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、'93年第16回日本アカデミー賞新人賞、'93年第18回おおさか映画祭助演男優賞を受賞する。'92年から'93年にかけて放送された主演ドラマ『NIGHT HEAD』(CX)が、深夜時間帯にもかかわらず圧倒的な支持を受け、一躍脚光を浴びる。'93年『青春牡丹燈籠』(NHK 唐十郎作三枝健起演出)、大河ドラマ『炎立つ』、'94年『この世の果て』(CX)、『この愛に生きて』(CX)と立て続けにドラマに出演。'95年に映画では『Love Letter』(岩井俊二 監督)、TVでは『愛していると言ってくれ』(TBS)が大ヒットし、人気、実力ともに日本を代表する俳優になる。

代表作品
映画『プラチナデータ』(2013) / 映画『春を背負って』(2014) / CM『ユーキャン「オープニング・決意」篇 「それなりの私」篇 「なりたかったもの」篇』(2014)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊川悦司の関連キーワード秋田県大仙市豊川愛知県豊川市豊川栄町愛知県豊川市豊川町愛知県豊川市豊川仲町愛知県豊川市豊川西町愛知県豊川市豊川元町三重県伊勢市豊川町大阪府茨木市豊川豊川町紀豊河

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊川悦司の関連情報