コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象徴崇拝 しょうちょうすうはいsymbol-worship

1件 の用語解説(象徴崇拝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

象徴崇拝
しょうちょうすうはい
symbol-worship

神または神聖なるものを絵画,彫刻,記号などの象徴で表現し,これを崇拝することによって象徴されたもの自体を拝すること。宗教が超現実的な次元のものを対象とする以上これは不可避であるが,象徴を神それ自体とみなすときは,いわゆる偶像崇拝に堕すると非難される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone