コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象徴崇拝 しょうちょうすうはい symbol-worship

1件 の用語解説(象徴崇拝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

象徴崇拝
しょうちょうすうはい
symbol-worship

神または神聖なるものを絵画,彫刻,記号などの象徴で表現し,これを崇拝することによって象徴されたもの自体を拝すること。宗教が超現実的な次元のものを対象とする以上これは不可避であるが,象徴を神それ自体とみなすときは,いわゆる偶像崇拝に堕すると非難される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

象徴崇拝の関連キーワード約物音部記号冒涜神奈備御神火神典霊代変形権聖なる森《聖なるもの》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone