コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象徴崇拝 しょうちょうすうはいsymbol-worship

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

象徴崇拝
しょうちょうすうはい
symbol-worship

神または神聖なるものを絵画彫刻記号などの象徴で表現し,これを崇拝することによって象徴されたもの自体を拝すること。宗教超現実的次元のものを対象とする以上これは不可避であるが,象徴を神それ自体とみなすときは,いわゆる偶像崇拝に堕すると非難される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android