コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝割(り)/卵割(り)/穎割(り) カイワリ

デジタル大辞泉の解説

かい‐わり〔かひ‐〕【貝割(り)/卵割(り)/×穎割(り)】

《貝や卵を二つにって開いた形の意》
アジ科の海水魚。全長約30センチ。体高が高く、著しく卵円形に側扁する。南日本に産し、底引網で漁獲され、美味。ひらあじ。おきあじ。
貝割り菜」に同じ。
帯を2の形に結ぶ結び方。貝割り帯。
袖口をまん中でくくって上下を2の形に分けたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

貝割 (カイワリ)

学名:Caranx equula
動物。アジ科の海水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

貝割(り)/卵割(り)/穎割(り)の関連キーワード貝割れ・穎割れ・頴割れ十六大角豆・十六豇豆カリフォルニアロール貝割り菜・貝割菜カイワレナ貝割れ菜底引網巻ずし貝割れ卵円形撮菜割貝

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android