貝割菜(読み)カイワリナ

  • かいわりな かひわり‥
  • かいわりな〔かひわり〕
  • かいわれな かひわれ‥
  • 貝割

デジタル大辞泉の解説

ダイコンやカブの芽生え。種子の殻を割って双葉が出てきたもの。食用。 秋》「ひらひらと月光降りぬ―/茅舎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 二つの小葉が、卵の殻を割ったような形に開いて芽ばえるアブラナ科の蔬菜(そさい)。特にダイコンやカブの芽が出るようすをいう語。かいわり。かいわれ。《季・秋》
※俳諧・常盤屋の句合(1680)四番「しほらしき物づくしちょう木かいわりな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android