貝割菜(読み)かいわりな

精選版 日本国語大辞典「貝割菜」の解説

かいわり‐な かひわり‥【貝割菜】

〙 二つの小葉が、卵の殻を割ったような形に開いて芽ばえるアブラナ科の蔬菜(そさい)。特にダイコンやカブの芽が出るようすをいう語。かいわり。かいわれ。《季・秋》
俳諧・常盤屋の句合(1680)四番「しほらしき物づくしちょう木かいわりな」

かいわれ‐な かひわれ‥【貝割菜】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「貝割菜」の解説

かいわり‐な〔かひわり‐〕【貝割(り)菜】

ダイコンやカブの芽生え。種子の殻を割って双葉が出てきたもの。食用。 秋》ひらひらと月光降りぬ―/茅舎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android