貝包丁(読み)かいぼうちょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貝包丁
かいぼうちょう

穀物の穂を摘み取る貝製の道具。同目的の石器を石包丁とよぶことに倣ってこの名があり、指かけ用の紐(ひも)を通す孔(あな)を1~2あけたもの、孔をもたぬものがある点も石包丁と共通する。中国考古学では蚌刀(ぼうとう)とよび、淡水産の二枚貝製のものが新石器時代の竜山文化にあり、この形に倣って杏仁(きょうにん)形・半月形の石包丁が生まれたともいわれる。日本では弥生(やよい)時代前期に九州に実例があり、また後期に神奈川県三浦半島の洞穴遺跡に豊富である。ともにアワビ製。現代のイネ摘み用の貝包丁は、フィリピン、スラウェシ(セレベス)島などで知られる。日本ではアワ摘み用として、長崎県福江島のアワビ製品、北海道でアイヌが使ったカワシンジュガイ製品が知られる。[佐原 真]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android