コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞享書上 じょうきょうかきあげ

世界大百科事典 第2版の解説

じょうきょうかきあげ【貞享書上】

江戸中期,幕府が諸家に書き上げさせた系譜貞享書付,貞享諸家書付,諸家書付,書付ともいう。40余袋が長持2棹にあり,《元治増補御書籍目録御家部》には146巻5通3帖115冊とあるが現存しない。1873年の皇居炎上に焼失したと思われる。この書上は《三河記》の改定増補,すなわち《武徳大成記》の史料として1683年(天和3)に大名・旗本をはじめ,浪人・御用達等の諸家(当然のちの絶家を含む)に命じて,主として翌84年(貞享1)に録上せしめた諸家の系譜で,紅葉山文庫に一括保存し,風干し,袋詰め,整理もされていた(《幕府書物方日記》)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の貞享書上の言及

【譜牒余録】より

…江戸幕府官撰による大名や幕臣等の系譜集成。《武徳大成記》(1686)編纂の際,幕府が諸家に命じて呈出させた家譜(貞享書上)を,《寛政重修諸家譜》(1812)の編集に当たって集録したもの。前編60巻,後編40巻。…

※「貞享書上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

貞享書上の関連キーワード江戸時代(年表)譜牒余録

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android