コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御用達 ゴヨウタシ

デジタル大辞泉の解説

ごよう‐たし【御用達】

(「ごようたつ」とも)宮中・官庁などへ用品を納めること。「宮内庁御用達の品」
御用商人」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

御用達【ごようたし】

江戸時代,幕府・諸藩の役所・屋敷に出入りし,その需要を賄った特権商人。御用聞(ごようきき)・御用商人・御賄(おまかない)などとも称された。主なものとして幕府の金座・銀座の座人,金銀為替組・公儀呉服師・菓子師,諸藩や旗本掛屋(かけや)・蔵元(くらもと)・札差(ふださし)らがおり,そのほか生活用品や奢侈(しゃし)品をあつかった畳師・指物師塗師・絵師らの職人もいた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごようたし【御用達】

江戸時代,幕府や諸藩の需要を賄う出入りの商人,職人のことで,御用聞,御賄などとも呼ばれた。幕府の金座,銀座の座人や,金銀為替組,呉服所,菓子所,廻船御用達,あるいは諸藩の掛屋蔵元などは御用達の代表といえよう。旗本・御家人俸禄米の換金化や,彼らに金貸しを行っていた札差商人も御用達の一種である。このほか御用達には,将軍や旗本,あるいは大名やその家臣らの日常必需品や奢侈(しやし)品などを調製するため出入りした特定の畳師,指物師,塗師,絵師,鍛冶師,具足師などの職人がいた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごようたし【御用達】

〔「ごようたつ」 「ごようだち」とも〕
宮中・官庁に物品を納入すること。
御用商人 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御用達の言及

【三谷三九郎】より

…会津藩でも天明・寛政(1781‐1801)の改革は三谷だけの資金調達で実施されており,1800年(寛政12)には藩の三谷からの借金は10万8000両に及んだという。江戸での三谷は寛政改革のさいの勘定所御用達となり,三貨の調節や公金の貸付けなどに従事した。明治維新期には商法会所の元締頭取となって太政官札の貸付け,流通に力を尽くした。…

※「御用達」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御用達の関連キーワードロイヤル・ロッホナガー永楽屋東四郎(初代)帯山与兵衛(5代)ロイヤルアルバートロイヤルウースターホワイト・ホース高尾(水谷高尾)ロイヤルドルトンロイヤルワラント梅若実(1世)Gazelle大鰐温泉もやしメルローズ通り三井銀行[株]ウェッジウッド用足し・用達ロブマイヤー松本一本ねぎ堆朱 伝次郎茶屋四郎次郎

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御用達の関連情報