コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝野旧聞裒藁 ちょうやきゅうぶんほうこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝野旧聞裒藁
ちょうやきゅうぶんほうこう

江戸時代,徳川家創業の事跡後代に伝えるため,幕府の命により編纂された史書。全 1083巻。大学頭林述斎の監修で二十余人の学者によって天保12(1841)年完成。編年体で綴ったもので,今日失われた史料を多く含んでおり,創業時代研究の根本史料

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうやきゅうぶんほうこう【朝野旧聞裒藁】

遠祖から家康死去にいたる徳川氏創業の史料集成。1093巻。江戸幕府の官撰で大学頭林述斎の監修。1819年(文政2)に着手,41年(天保12)に完成。中世末期から近世初頭にいたる徳川氏発展関係史料を編年体に集録。項目ごとに関連史料の原文をのせ,典拠を示す実証的な編集となっている。以前,広忠までの42巻が1冊として出版されたが,現在,史籍研究会から刊行中。【煎本 増夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝野旧聞
ちょうやきゅうぶんほうこう

徳川氏の天下統一過程に関するもっとも詳細な史料集成。1819年(文政2)から23年間、幕命により、大学頭林述斎(はやしじゅっさい)以下20余名の幕臣が編集に従事して完成。徳川氏の祖先から家康の死去までの間の史料、古文書を年代順に編集してある。先祖歴代の部42巻、家康の部799巻、関ヶ原の戦いと大坂の陣の部252巻、合計1093巻からなる。その献上本と草稿本は国立公文書館に保存されている。[福井 保]
『『朝野旧聞藁 第一輯』(1923・東洋書籍出版協会) ▽福井保著『朝野旧聞藁解題』(『内閣文庫書誌の研究』所収・1980・青裳堂書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

朝野旧聞裒藁の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android